エレキギターチューニングのコツ、ポイントって?

ギターを弾く前に必ずしておかなくてはいけないこと、それはチューニングです。
チューニングをすることはとても重要で、音程が合ってないままギターを弾き続けてしまうと、それが正しい音だと思って間違ったまま弾き続けてしまうことになるので、気をつけなくてはいけません。
ギターを始めたばかりで、音程がわからないという方も安心して下さい。
チューニングを行うための道具が、ちゃんとあります。
ギターを購入する際に、チューナーも一緒に購入すると良いでしょう。
チューナーとは、楽器を調律するための電子機器で、安い物であれば3000円程度で購入することが出来ます。
初心者の方であれば、クロマチック・チューナーを購入すると良いでしょう。
このチューナーであれば、チューニングするのも簡単です。
チューナーでのチューニングの際には、1〜6弦を1つずつ順番に鳴らしていって下さい。
音が高すぎる場合だと針は右に振れ、低い場合だと左に振れる構造になっています。
真ん中に来るように、ペグを少しずつ回して調整してみて下さい。
音叉という金属の棒を使ってチューニングする方法もありますが、やはり初心者の方にはチューナーを使ってチューニングを行うことをおすすめします。
1弦を鳴らした時、針が真ん中に来るように少しずつ調整して、針が真ん中に来ればチューニング完了です。
この動作を1〜6弦まで出来れば、これでやっとギターを弾く準備が出来ました。
単純な作業ですが、このチューニングはギターを弾くためには重要な作業なので、弾く前には必ず行って下さいね。

関連ページ

エレキギターのチューニング法とは
エレキギターをやってみたい!ソロギターのテクニックを上達させたい!ベースのコツを掴みたい!そう思っている方に必読のサイトです。ここでは、それぞれの基本的な知識から、その練習方法、上達のコツなどについて紹介しています。