エレキギターのチューニング法とは

エレキギターチューニング法には、音叉や他の楽器を使って行うチューニング方法とチューナーを使ってチューニングする方法があります。
チューナーを使う方が、より正確で簡単かもしれませんが、初心者は音に対する感覚を養うためにも、音叉などを使ってチューニングする方がいいでしょう。
音叉は500円くらいで売っているので、どうしても音叉でのチューニングができないようなら、チューナーを使うといいです。
チューナーの使い方は、機種によって違うので説明書をみてください。
開放弦チューニングのやり方は、音叉や他の楽器などで、5弦の音をラに合わせます。
次に、6弦の5フレットの音と5弦の開放音(押さえていない状態で鳴らした音)を合わせ、5弦の5フレットと4弦の開放音、4弦の5フレットと3弦の開放音、3弦の4フレットと2弦の開放音、2弦の5フレットと1弦の開放音をそれぞれ順番に合わせるのです。
エレキギターチューニング法には、開放弦チューニングの他に、比較的上級者向けのハーモニクスチューニング法もあります。
自分にとって、やりやすいやり方でチューニングするといいでしょう。
新品の弦を張った後にチューニングすると、すぐにチューニングが狂ってしまうので、何度もチューニングをやり直さなくてはなりません。
ですが、思い当たる原因もないのに、いくらチューニングしても音が合わないようなら、エレキギターを購入した楽器店やエレキギターに詳しい人に相談してみるといいです。

関連ページ

エレキギターチューニングのコツ、ポイントって?
エレキギターをやってみたい!ソロギターのテクニックを上達させたい!ベースのコツを掴みたい!そう思っている方に必読のサイトです。ここでは、それぞれの基本的な知識から、その練習方法、上達のコツなどについて紹介しています。