セミアコースティックギターとは

エレキギターセミアコースティックギターとは、フルアコースティックギターに比べると空洞部分が狭く、その多くはボディ中心部に胴木(センターブロック)と呼ばれる木材ブロックがネックからボディ後部まで入っているエレキギターのことです。
弦振動を拾うピックアップは、ボディ中心部の胴木に固定されており、そのために、フルアコースティックギターにありがちなハウリングが起きにくくなっています。
エレキギターセミアコースティックギターの音色は、フルアコースティックギターとソリッドギターの中間という感じで、両方のよさを兼ね備えたエレキギターといえるでしょう。
セミアコースティックギターとして有名なモデルは、ギブソン社のES-335、エピフォン社のシェラトンやリヴィエラ、リッケンバッカー社の360・360/12などだと思います。
特に、ギブソン社のES-335は、1958年に世界で初めて発売されたセミアコースティックギターです。
ギブソン社のES-335といえば、セミアコースティックギターの代名詞ともいわれているほど、ギタリストに支持されています。
チャック・ベリーやラリー・カールトン、エリック・クラプトンなどの有名なギタリストがずっと愛用していることでも知られているのです。
このように、エレキギターセミアコースティックギターは、ロックやブルース、ジャズまで幅広いジャンルのギタリストに愛用されていますが、あまりにも大音量にすると、さすがにノイズが出ることもあるので注意してください。

関連ページ

エレキギターの種類って?
エレキギターをやってみたい!ソロギターのテクニックを上達させたい!ベースのコツを掴みたい!そう思っている方に必読のサイトです。ここでは、それぞれの基本的な知識から、その練習方法、上達のコツなどについて紹介しています。
エレキのフルアコースティックとは
エレキギターをやってみたい!ソロギターのテクニックを上達させたい!ベースのコツを掴みたい!そう思っている方に必読のサイトです。ここでは、それぞれの基本的な知識から、その練習方法、上達のコツなどについて紹介しています。
ソリッドギターとは
エレキギターをやってみたい!ソロギターのテクニックを上達させたい!ベースのコツを掴みたい!そう思っている方に必読のサイトです。ここでは、それぞれの基本的な知識から、その練習方法、上達のコツなどについて紹介しています。