エレキギター,ソロギター,ベースの練習方法

ソロギター記事一覧

ソロギターとは?男性のみならず、女性でも一度は憧れる楽器「ギター」。いろいろなジャンルのバンドはありますが、ギターが居ないバンドはありませんね。それくらい重要なポジションを占めるギターですが、ソロギターは、2、3人で伴奏、メロディーを別々で演奏するのではなく、文字通り一人で演奏するプレイスタイルです。ソロならではの独創性を生かして、オリジナリティが前面に出せるのも魅力の一つ。ソロギターの活躍の場は...

ソロギターの種類。ギターの種類は関係なく、一人でメロディー、伴奏をこなし、まさしくギター一本で演奏を完成させてしまうのが、「ソロギター」です。「ソロギター」といえばアコースティックギターを連想しますが、エレキギターであっても一人で奏でれば「ソロギター」ですね。アコースティックギターであっても、弦の種類(スチール、ナイロン)でも、かなり音質が変わってきます。・弦の種類(スチール)主にフォーク、エレキ...

ソロギターの練習法。一人でメロディー、伴奏をこなすソロギターの練習。淡々と楽譜とにらめっこし、何度も繰り返し音を聞いて再現し続けるといった具合に、一人で音の世界に没頭しながら練習するのがソロギターの練習です。実際に良く使われるソロギターの演奏法・単音ピッキング弦をはじき(ピックを使用し)音をならす事。ストローク同様、ダウン・アップピッキングがある。オルタネイトピッキング=ダウン・アップピッキングを...

ソロギターアレンジ法。既存の楽譜を練習して成熟してくると、「アレンジをしてオリジナリティが出したい」という欲が出てきます。せっかくソロならではの独創性を生かして、オリジナリティが前面に出せるソロギターであれば尚の事です。まずはアレンジしたい曲の全体像をつかみましょう。そして曲の雰囲気を壊さないようにして、どんなイメージでアレンジをしたいのかを決めます。「コード」コードとは、「トライアド(3つの和音...

ソロギターのチューニング。一人でメロディー、伴奏をこなすソロギター。ボーカルも、ドラムも、自分以外の音が何もないソロギターにとって基礎であって一番大切な作業、チューニングとはソロギターだけではなく、楽器と言われるもの全てに、必要不可欠な決まり事なのです。チューニングは音楽、楽器演奏する全ての人のマナーです。チューニングの基本基準音A音=440HZ(ドレミファソであればラ)にチューニングメーターや音...

一人でメロディー、伴奏をこなし、まさしくギター一本で演奏を完成させてしまう「ソロギター」にもメリット、デメリットがあります。・ソロギターのメリット・*場所を選ばない自宅でもよし、車の中でもよし、路上でも、立ち寄ったバーでもよしとにかく持ち運び自由な楽器のメリットですね。(もちろん、マナーや、ルールを守る必要性はあります)*時間を選ばない朝の出社、通学前でも、お昼休みでも、寝る前のリラックスタイムで...