エレキギターのピックの種類

エレキギターピックの種類は、大きく分けると、オニギリ型、ティアドロップ型、トライアングル型、ホームベース型、親指にはめて使うサムピックなどがあります。
エレキギターピックの種類で一般的なのは、オニギリ型とティアドロップ型でしょう。
エレキギターピックの形や材質、厚さ(硬さともいう)によって、弾いた時のエレキギターの音色や弾き心地なども変化します。
エレキギターピックの材質として、最も一般的な素材はセルロイドです。
他にも、ナイロンやステンレス、木やベッコウで作られたエレキギターピックがあります。
メーカーによって名称が違うこともありますが、薄くて柔らかい順から、THIN(シン)、MEDIUM(ミディアム)、HEAVY(ヘビー)、EXTRA HEAVY(エクストラヘビー)と呼ばれているようです。
傾向として、厚くて硬いエクストラヘビーのエレキギターピックは早弾きやハードロックのギタリストに好まれ、薄くて柔らかいシンはアコースティックギターを弾く時に使用されます。
ミディアムとヘビーは、何にでも使えるオールマイティなエレキギターピックです。
エレキギターピックを使い分けることで、自分の出したいサウンドで弾けるようになるかもしれません。
いろいろなエレキギターピックを使ってみて、弾きやすい素材と厚みのピックを探すのも楽しいものです。
憧れのミュージシャンが使っているのと同じモデルのエレキギターピックを使うと、エレキギターを演奏するのがますます楽しくなるでしょう。

関連ページ

エレキギターの弦にも種類がある?
エレキギターをやってみたい!ソロギターのテクニックを上達させたい!ベースのコツを掴みたい!そう思っている方に必読のサイトです。ここでは、それぞれの基本的な知識から、その練習方法、上達のコツなどについて紹介しています。
エレキギターのアンプの種類って?
エレキギターをやってみたい!ソロギターのテクニックを上達させたい!ベースのコツを掴みたい!そう思っている方に必読のサイトです。ここでは、それぞれの基本的な知識から、その練習方法、上達のコツなどについて紹介しています。
エレキギターのエフェクターって何?
エレキギターをやってみたい!ソロギターのテクニックを上達させたい!ベースのコツを掴みたい!そう思っている方に必読のサイトです。ここでは、それぞれの基本的な知識から、その練習方法、上達のコツなどについて紹介しています。
エレキギターのピックアップって何?
エレキギターをやってみたい!ソロギターのテクニックを上達させたい!ベースのコツを掴みたい!そう思っている方に必読のサイトです。ここでは、それぞれの基本的な知識から、その練習方法、上達のコツなどについて紹介しています。