エレキギター,ソロギター,ベースの練習方法

ベース記事一覧

最近では誰にでも簡単に手に入るようになったelectric bass通称ベースですが、ひと昔前ではとても高級な楽器でした。その為、比較的安価で手に入ったギター(エレクトリックギターなど)を工夫してベースの練習に使用したりする事もあったそうです。ベースは4本の弦の物が一般的で、5本以上弦のある物は多弦ベースなどと呼ばれています。見た目はエレクトリックギターに良く似ていますが、弦がこれに比べてすごく太...

エレクトリックベースを購入する場合、「種類が有りすぎて選び方が解らない。」なんて事が良くあるでしょう。そんな時の為に少しだけ目安を紹介します。まず、やはり一番は予算ですね。値段がピンキリなので悩む方も多いかもしれません。高い物は確かにいいですよ。でも、6万以上する物なら、まず大丈夫だと思います。逆に2万位の物もありますが、ちょっとかじってみたいだけという場合なら別ですが、これはネックに耐久性がない...

ベースを練習する時、楽譜を使って練習すると思いますが、ベース譜には初心者には難しい記号や紛らわしい部分が多く、慣れるまではかなり手こずってしまうでしょう。ですので、少しだけ簡単にではありますが、ベース譜の読み方について説明していきます。まず、これは4本弦の場合の説明になりますが、楽譜の一番下段部分の線は関係ありません。この一番下の線は読まないので、無いものと考えてください。そして、譜面で一番上の線...

数ある楽器の中でもとても奥の深いベース。一般的には「ベース」と言うとエレクトリックベースを思い浮かべる方が多いと思いますが、上手に演奏出来るようになる為にはどのような練習をするのが効果的なのでしょうか?ベースは何を置いてもまずはリズムが命ですので、音が出せるようになってからはクリックに合わせて地道に毎日練習を重ね、それが出来るようになればノリを出した演奏法に挑戦してみるなどのコツコツした練習が大切...

エレクトリックギターとエレクトリックベースは見た目にはとてもよく似ていますね。ギターは弦が6本あり、ベースは基本的には4本の弦ですから、ギターの演奏ができれば、ベースも簡単に演奏できるように見えます。本当にそうなのでしょうか?確かに、全くの初心者よりはギターを経験してからベースに挑戦する人の方が右手と左手の使い方を分かっていると思いますし、弦を押さえる指の力も普通よりは付いていると思いますので、い...

ベースを弾きこなせるようになりたい時、家で自己流で練習したり知り合いに教えて貰ったりなど、色々と方法はありますが、それが出来なかったり、うまくいかなかった時はレッスン教室に通うというのも一つの手です。ベースにもピアノやバイオリンなどと同じようにたくさんの教室が有り、場所も日本各地に存在します。楽器の持ち方、弦の張り方、チューニング、楽譜の読み方、メンテナンス、コード、リズム等々、演奏法だけでなく基...

バンドを組んで演奏する際にも、シンプルゆえにとても難しいといえるベース。ベースといってもたくさんあり、一般的にはエレクトリックベースを指す事が多いのですが、そのエレクトリックベースにも色々な種類があります。弦は一般的に4本の物が主流ですが、それ以上の物もあり、逆にもっと少ない物もあります。また、アップライトの物とヴァーティカルの物があり、これは、ネックが垂直に構えられる事を前提として作られているか...

どんな楽器でもそうだと思うのですが、ベースの場合も演奏が少し上達すると、「もう少しグレードの高い物が欲しい」とか思ったりする物ですよね。また、エレクトリックベースを持っている方なんかはアコースティックベースに興味を持ったり、始めは4弦の物を買ったけど好きな楽曲を演奏するには6弦の方が弾きやすいと感じたりして、もう1つ欲しくなる事だってあると思います。そんな事を思うたびに新品を購入するとなると、かな...

有名なベース演奏者(ベーシスト)を挙げてくださいといったら皆さんは誰を思い浮かべますか?ベーシストはバンドでも、ボーカルやギタリストのように目立つパートではありませんし、地味な印象を持っている方も多いと思いますが、実はとても重要なパートであり、バンドの支えとなるような実力のあるベーシストはたくさんいます。例えば、櫻井哲夫さん。元CASIOPEAや元JIMSAKUの経歴を持つ彼は、かなりの実力の持ち...